沿革

西 暦 月 日  内容
1986年 11月23日 前身の岡山透析技術研究会が森田一夫(元:岡山大学),渡邊伸(川崎学園),尾崎真啓(元:重井医学研究所附属病院)の3氏により設立
1987年 6月 臨床工学技士法 成立 http://www.ron.gr.jp/law/law/rinsyo_k.htm
1988年 4月 臨床工学技士法施行
    全国初の臨床工学技士養成短期大学 川崎医療短期大学医用電子工学科 設置(現在,川崎医療福祉大学に改組)
http://www.kawasaki-m.ac.jp/mw/
  11月 第1回臨床工学技士国家試験
1990年 2月 任意団体として,日本臨床工学技士会 設立
1991年 11月24日 任意団体として,岡山県臨床工学技士会 設立
会長:川西純暉(元:岡山赤十字病院臨床検査技師長)
2000年   役員改選
会 長:尾崎眞啓(元:重井医学研究所附属病院)
2002年 3月 社団法人日本臨床工学技士会 設立
http://www.jacet.or.jp/
4月 岡山理科大学理学部応用物理学科医用科学専攻 設置
    改正薬事法 成立
  5月 岡山県臨床工学技士会,社団法人日本臨床工学技士会主催のもと,
第12回日本臨床工学会,および社団法人日本臨床工学技士会通常総会 開催(於:倉敷市芸文館) http://www.jacet.or.jp/03report/kaisi_pdf/2002-No16.pdf
2004年 4月  倉敷芸術科学大学生命科学部生命科学科 設置
2005年  4月  役員改選
会 長:山﨑功晴(元:倉敷中央病院CEサービス室主任)
  7月  改正薬事法 施行
2006年 6月30日 社団法人岡山県臨床工学技士会 設立
  11月 厚生労働医政局より「医療機関等における医療機器の立会いに関する基準」の通達
    医療機器業公正取引協議会 上記基準の周知の徹底化
2007年 4月 岡山理科大学工学部生体医工学科臨床工学コース 設置
    第5次医療法改正(医療機器の安全使用を確保するための責任者を配置することが義務づけられる)
    役員改選
会 長:山﨑功晴(元:倉敷中央病院CEサービス室主任)
副会長:山田光樹(川崎医科大学附属病院),田中昭彦(重井医学研究所附属病院)
事務局長:折見省二(元:岡山大学病院)
  8月  「立会いに関する基準を医療機関等へ説明する際の留意点と立会いに関するガイドライン(関係法規との関係)について」発出
  10月16日 岡山県臨床工学技士会,社団法人日本臨床工学技士会主催のもと,
第5回中国地区臨床工学技士会学術大会が開催される(於:倉敷市芸文館)
2008年   「医療機関等における医療機器の立会いに関する基準」
2009年 4月 役員改選
会 長:山﨑功晴(元:チェスト株式会社)
副会長:田中昭彦(重井医学研究所附属病院),山田光樹(川崎医科大学附属病院)
事務局長:藤原千尋(岡山大学病院)
2011年 4月 役員改選
会 長:田中昭彦(重井医学研究所附属病院)
副会長:髙山 享(岡山旭東病院),小野淳一(川崎医科大学附属病院)
事務局長:藤原千尋(岡山大学病院)
10月29日
10月30日
中四国連絡協議会
第1回中四国臨床工学技士会学術大会(於:米子コンベンションセンター BiG SHiP) 開催
2013年 4月 役員改選
会 長:田中昭彦(重井医学研究所附属病院)
副会長:髙山 享(岡山旭東病院),小野淳一(川崎医科大学附属病院)
事務局長:藤原千尋(岡山大学病院)
  11月9日
11月10日
中四国連絡協議会
第3回中四国臨床工学会(於:倉敷市芸文館)
2014年 4月1日 一般社団法人岡山県臨床工学技士会 設立(法人制度改革に伴う)
一般社団法人化により現任の理事が役員を引き継ぐ
 2016年 4月 役員改選
会 長:田中昭彦(重井医学研究所附属病院)
副会長:髙山 享(岡山旭東病院),小野淳一(川崎医科大学附属病院)
事務局長:藤原千尋(岡山大学病院)